2017 熱中対策

20170621クーラー のコピー

6月も後半戦
上半期を振り返り、次へつなぎましょう。

熱中症について話をします。

熱中症とは

高温多湿な環境下において、体内の水分及び塩分(ナトリュウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調節機能が波錠するなどして発症する障害の総称です。

3つのポイントに沿って対策用品をご用意しました。

 

  1. 測る

WBGT値(暑さ指数)の測定

①   作業環境のWBGT値を測ってどうする→②作業環境を『冷やす』→③カラダを『冷やす』です。

  1. 環境を『冷やす』

20170621クーラー のコピー  20170621作業着 のコピー

①   屋外は、テント・タープを張って日陰を作る。

②   屋内は、冷房・送風して温度を下げたり風通しをよくする。

カラダを『冷やす』

③   気化熱式 簡単シンプル・長時間

④   保冷剤式 冷やす力はナンバーワン

⑤   送風式  さわやかな使用感・長時間

⑥   PCM冷却式 冷えすぎない適度な冷却

20170621ベスト のコピー 20170621ヘルメット のコピー

  1. 摂る

①   汗をかいたら 水分と電解質の補給

②   水だけを飲むとさらに脱水を起こす!?

20170621塩熱飴 のコピー 20170621径口補水液 のコピー

  1. その他

熱中症対策応急セット

20170621対策キッド のコピー

 

 

 

 

 

熱中症かな!?と思ったらカラダを冷やして体温を下げる!

①日陰や涼しい場所へ移動

→②衣服をゆるめて熱を放出

→③水分・塩分を補給!

→ 回復しなければ医療機関へ

 

これから夏本番に向けてお役に立てればと考えます。

以上 高橋でした。